2008年06月25日

NTTコムウェア、東京データセンターを大規模増床

2008年6月24日、NTTコムウェアは、「東京データセンター」の7000㎡の増床に着手し、
2008年11月よりサービス提供を開始すると発表した。

JR山手線沿線の最寄駅から徒歩5分圏内のものとしては最大規模。
現在の総床面積の2倍以上の広さとなる。

また、東京都都市整備局が実施する地震の地域危険度調査でももっとも危険性の低いの
「ランク1」のエリアに位置する。

今回の増床では、通信事業者が利用できるレベルの耐震性や耐火性、セキュリティ面を備え、
グリーンITを追求し、省エネに注力するという。

事業継続、内部統制の強化にともない、都内でのデータセンター需要が高まってきているための
対応とのこと。

プレスリリース
NTTコムウェア、「東京データセンター」を大規模増床
~ 山手線徒歩5分圏内で最大規模の7,000㎡増床 ~


ニュースリンク
NTTコムウェア、都心のデータセンターを7000平方メートル増床(ITpro)

トラックバック

このエントリーのトラックバック:
http://blog.brain-gate.net/mt-tb.cgi/521