2010年01月21日

Microsoft、IE用の修正パッチを臨時公開へ

米国時間2010年1月20日、Microsoftは臨時セキュリティ・アップデート1件を、
1月21日(日本時間1月22日)に公開すると発表した。
遠隔コード実行に悪用される恐れがある「Internet Explorer」のぜい弱性を修正する。

米Googleを含む30社以上の米国系ハイテク企業が2009年12月ごろから中国発のサイバー攻撃を受けたとされ、米McAfeeなどはIEに存在するセキュリティ・ホールが悪用されたとしているなど、
米メディアは、今回の臨時修正パッチでこのセキュリティ・ホールを修正できると報じている。

リンク
Microsoft Security Bulletin Advance Notification for January 2010(MicroSoft)

MicrosoftがIE用の修正パッチを臨時公開へ、中国発の攻撃に対応 (ITPro)

トラックバック

このエントリーのトラックバック:
http://blog.brain-gate.net/mt-tb.cgi/701