2009年03月31日

エンジニアはどうするべきか

不況?恐慌?
どちらにせよ、今の世の中は大変な事になっています。
こんな時だからこそ、この時期をどう過ごすかで今後が大きく変わるものです。

成長するITエンジニアと成長しないITエンジニア、違いは何でしょう。

業務外でも積極的に技術を学ぶ
業務とは関係のないことであっても、技術を積極的に学びましょう。
資格や試験をきっかけにするのもアリですが、それらは本質ではありません。
学習効果を高めるためには経験の累積が重要ですが、業務で経験できる事はたかが知れています。
今、ノウハウや機会は組織の外に散らばっています。これをいかに効率的に拾えるかが、成長の鍵です。

新しい技術にチャレンジする
新しいことを恐れずチャレンジしましょう。
新しい分野の技術は、習得している人間が少ないため、相対的に有利になります。
今までのやり方に固執してはいけません。今の常識や世の中は変わっていきます。
変化に取り残されないためには必要なことです。

過去の歴史に学ぶ
新しいことばかりを追求せずに、過去も学びましょう。
世の中の大枠は、過去の繰り返しです。これは技術についても言えることで、
画期的と思えるものであっても実は過去の技術の流用だったり、大元の思想が同じだったりします。
過去、現在、未来と、時間をかけて歴史を学び続ければ、それが経験となります。


IT技術者以外にも当てはまるような気がしますが、
意外と続けることは難しいものです。
自分の将来像を思い描き、それに向かって日々努力しましょう。

2006年9月から、約3年に渡って投稿してきましたが、
今回が「エンジニアの視点」としての最終回になります。
長い間、ありがとうございました。