2008年11月27日

日本IBM、1000人規模の人員削減へ

日本IBMは年内を目途とし、1000人規模の人員削減を実施すると発表した。
同社、2008年度の売上は3四半期連続で前年期よりもマイナスとなっており、
不振打開に向けて人員削減を行うことにした。

約1万6000名の社員の中から退職希望者を募っており、退職者には、
販売提携先などの再就職先をあっせんや、退職金を積み増しして支給する。

リンク
日本経済新聞より

"日本IBM、1000人規模の人員削減へ"の詳細へ»

【BrainGate】社員の呟きを更新しました

社員の呟き」を更新いたしました。

今日は森の呟きです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■やはりマニアだよ!!僕
ハーイ!!こんにちはEXILE広報部長の森です。
さ~て、来週のサザエ    ・・・つづきはこちら

"【BrainGate】社員の呟きを更新しました"の詳細へ»

2008年11月20日

【BrainGate】社員の呟きを更新しました

社員の呟き」を更新いたしました。

今日は藤井の呟きです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■ミシュランガイド
ミシュランガイドってちょっとどうでもいいかなって。
好んでそのお店に行くわけではないんですけど、   ・・・つづきはこちら

"【BrainGate】社員の呟きを更新しました"の詳細へ»

2008年11月13日

Cisco、ビデオ通信技術をヤンキース新球場へ提供

2008年11月11日、米シスコシステムズは、「Cisco StadiumVision」と呼ぶ、
高精細(HD)ビデオ通信技術をニューヨークヤンキースの新球場に提供すると発表した。

球場内のレストランやバー、売店、大ホール、博物館などの至るところに
HDモニターを設置し、試合のライブ映像を、見れるようにし、試合終了時には、
最寄りの出口案内と最新の交通情報を配信する。

試合の映像以外にも、他球場の試合の最新スコアやヤンキースに関するに豆知識、
ニュース、天気予報も提供する。

シスコシステムズとニューヨークヤンキースは今後、観客が携帯電話を使って
自分の座席から売店の商品を注文できるようにしたり、
インスタント・リプレイや球場内外の友人とのチャットも楽しめるようにする予定とのこと。
インタラクティブなビデオ技術を使って、ファンが試合前と試合後に選手と通信する機能も用意する。

プレスリリース
New York Yankees and Cisco to Deliver Cutting-Edge Technology in New Yankee Stadium

ニュースリンク
Cisco,NYヤンキース新球場にHDビデオ通信技術を提供(ITPro)

"Cisco、ビデオ通信技術をヤンキース新球場へ提供"の詳細へ»

【BrainGate】社員の呟きを更新しました

社員の呟き」を更新いたしました。

今日は岡村の呟きです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■チョコレート
こんにちは。 岡村です。
今現在とてもはまっているものを  ・・・つづきはこちら

"【BrainGate】社員の呟きを更新しました"の詳細へ»

2008年11月11日

電話不通のお知らせ

電話回線工事のため、以下の日時におきまして電話が不通となります。
御迷惑をおかけいたしますが、何卒よろしくお願いいたします。

 工事日時:2008年11月13日(木)9:00~12:00

"電話不通のお知らせ"の詳細へ»

2008年11月06日

【BrainGate】社員の呟きを更新しました

社員の呟き」を更新いたしました。

今日は森本の呟きです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■大きなプラモデル
ようやく涼しくなってきました。
こんにちは、森本です。   ・・・つづきはこちら

"【BrainGate】社員の呟きを更新しました"の詳細へ»

2008年11月05日

Adobe Reader、Acrobatに脆弱性を報告

2008年11月4日、Adobe Systemsは、「Adobe Reader」、「Acrobat」にJavaScriptの処理などに関する8件の脆弱性が見つかったと発表した。

Adobe Reader8.1.2以前のもの、Adobe Acrobat Professional/3D/Standard 8.1.2以前のものが
影響を受け、遠隔コード実行や個人情報流出に悪用される恐れがあるという。

すでにセキュリティアップデートの配布をしており、同社では、アップデートをするか、
脆弱性の影響を受けないAdobe Reader 9およびAdobe Acrobat 9にバージョンアップするように
呼びかけている。

リンク
Security Update available for Adobe Reader 8 and Acrobat 8


ニュースリンク
「Adobe Reader 8.1.2」に任意のコードを実行される脆弱性(InternetWatch)

"Adobe Reader、Acrobatに脆弱性を報告"の詳細へ»

2008年11月04日

マイクロソフトが2008年上期のセキュリティ動向を発表

2008年11月3日、米マイクロソフトは、2008年上半期のセキュリティ動向について
調査結果を発表した。

マルウエアや利益を目的とした組織的な犯罪が増加しており、前年下半期から43%増加
しているという。
このうちダウンローダ型トロイの木馬が30%以上を占めている。

業界全体で確認されている製品の脆弱性については、減少しており、
公開された脆弱性の90%がアプリケーションに関連するもので、
残りの10%がOSに関連するものだった、

マイクロソフトの製品についても、2008年上期において確認された脆弱性の数は
前年下半期から33.6%減少している。

ニュースリンク
2008年上半期,マルウエアが前期比43%増加(ITPro)

"マイクロソフトが2008年上期のセキュリティ動向を発表"の詳細へ»